『スレイヤーズ』待望となる第三部が始動へ 新設定満載でリナの新しい旅路が動き出す

ファンタジア文庫刊『スレイヤーズ』第三部の始動が、ドラゴンマガジン2019年7月号誌面にて明らかとなった。本作はシリーズ累計2,000万部を突破するファンタジー作品の金字塔で、1990年から2000年にかけて本編を全15巻で刊行した。その後2018年にはファンタジア文庫30周年を記念して第16巻が発売。発売即大重版も行われるなど大きな話題を呼んでいた。ファン待望となる第三部はまだ見ぬ国や新しい魔術体系などが綴られ、新設定も満載とのこと。詳細については今後の続報に期待したい。

誌面では「正史というより、ありえる可能性の一つとしての第三部、TVやTRYやコミック版水竜王の騎士とはパラレルな存在、とゆーことになるんでしょうか」と、神坂一氏の続編への意気込みやコメントも掲載されている。1995年から2009年にかけて5作品のTVシリーズも放送されるなどした超人気シリーズの続編始動が決定したこの機会に、ぜひ本作を読んみてもらいたい。

©神坂一/KADOKAWA ファンタジア文庫刊 イラスト:あらいずみるい

[関連サイト]

『スレイヤーズ』原作特設ページ

ファンタジア文庫公式サイト

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅

神坂一(著), あらいずみるい(イラスト)

【合本版】スレイヤーズ 全15巻

神坂一(著), あらいずみるい(イラスト)