『商人勇者は異世界を牛耳る! ~栽培スキルでなんでも増やしちゃいます~』のコミカライズ連載が開始

MFブックス刊『商人勇者は異世界を牛耳る! ~栽培スキルでなんでも増やしちゃいます~』のコミカライズ連載が、「マグコミ」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」公式WEB雑誌「N-Star」の連載作品で、戦うスキルを持たない勇者として異世界に召喚された主人公が、【栽培】スキルで商人として成り上がっていくファンタジーを描く。原作小説第2巻も2019年5月25日に発売されたばかり。コミカライズの作画は相模映氏が担当しており、第1話がカラー含む46ページで公開された。異世界で独立開業した男の物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

長年ブラック企業にこき使われてきた秋那昭二は、独立開業の為の資金が貯まったと喜んだ瞬間、異世界に召喚された。異世界の王様達が望んでいたのは戦う力を持った勇者。しかし、ショウジに目覚めた力は【栽培】というスキルだった。戦えない勇者は誰からも求められておらず、ショウジは城を追い出されてしまう。その夜、自暴自棄になり酔っ払ったショウジが泥酔して畑に酒瓶を埋めると……驚いた事に、翌日畑から中身の入った酒瓶の木が生えてきた!「もしかしてこのスキル、植物以外のものも栽培出来るのか!?」『左利きだったから異世界に連れて行かれた』の著者、十一屋翠が描く商人成り上がりファンタジー、本日開店!

⇒ コミカライズ版『商人勇者は異世界を牛耳る!』はこちら

次回の更新は2019年6月30日(日)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『商人勇者は異世界を牛耳る! ~栽培スキルでなんでも増やしちゃいます~』は、MFブックスより第2巻まで発売中。

©十一屋翠/KADOKAWA  MFブックス刊 イラスト:又市マタロー

[関連サイト]

MFブックス公式サイト