『追い出された万能職に新しい人生が始まりました』のコミカライズ連載が開始 第11回アルファポリスファンタジー小説大賞「大賞」受賞作

アルファポリス刊『追い出された万能職に新しい人生が始まりました』のコミカライズ連載が、「アルファポリス公式WEB漫画」にて開始となった。本作は第11回アルファポリスファンタジー小説大賞「大賞」受賞作で、苦楽を共にした仲間からもバカにされ、要らないヤツ扱いだった万能職の主人公が、切れ者商人に隠れた才能を見出され、懐いていたモフモフ従魔たちや異国から来た冒険者と新たな旅へと臨む物語を描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は宇崎鷹丸氏が担当しており、第1話「追放のロア」が40ページで公開された。勇者パーティーから追放された青年の新たな物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

ある冒険者パーティーで7年間、『万能職』という名の雑用係をしていた少年ロア。しかし勇者パーティーに昇格した途端、役立たずはクビだと言われ、彼は追い出されてしまう。可愛がっていた従魔とも引き離され、行くあてのないロアだったが、以前から親交のあった商会の主に生産職として雇われることになる。実はロアには、本人が自覚している以上に、魔法薬づくりの才能があったのだ。ある日、ロアは他国出身の冒険者たちと共に、薬の材料を探しに魔獣の森へ向かう。その近くには勇者パーティーも別の依頼で来ており、思わぬトラブルが彼らを襲う……。

⇒ コミカライズ版『追い出された万能職に新しい人生が始まりました』はこちら

【コミックサンプル】

次回の更新は2019年6月27日(木)が予定されており、毎月第4木曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『追い出された万能職に新しい人生が始まりました』は、アルファポリスより第1巻が発売中。最新2巻も2019年6月発売予定。

[関連サイト]

アルファポリス公式サイト