WEB投稿で作家デビュー!「双葉文庫ルーキー大賞」が原稿募集を開始

双葉文庫は2019年6月3日(月)より、小説界の新しい才能(ルーキー)を発掘すべく、「双葉文庫ルーキー大賞」を創設、原稿の募集を開始した。本賞最大の特長は、WEB投稿で簡単に応募できるという点。応募は期間を設けず受け付ける方式となり、自信作が書き上がった時点でいつでも応募することができる。ジャンルはミステリーおよびエンターテインメント小説・時代小説と幅広く設定されており、審査は創刊46年を数え、豪華執筆陣を誇る月刊文芸誌「小説推理」編集部が随時行い、受賞作は双葉文庫から刊行される。

応募は400字詰めの原稿用紙200~400枚以内となり、WEBの小説投稿サイト等に掲載された作品でも新作であれば応募することは可能とのこと。本賞において賞金などはなく、受賞作を刊行した場合に双葉社規定の印税が支払われるとのこと。書籍化へ最短かつ直に繋げるための小説賞となりそうだ。

⇒ 詳細はこちら

「小説推理」秋元英之編集長のコメント

小説ほど、自由な表現方法はありません。また小説ほど、人を喜ばせ、感動させるものはありません。私は、新しい驚きを求めています。どうぞ私を楽しませてください。どうぞ私を泣かせてください。明日の人気作家はあなたです。絶対的な編集力と、圧倒的な販売力を持つ双葉文庫が、あなたを応援します。自信作、お待ちしております。

[関連サイト]

「双葉文庫ルーキー大賞」サイト

株式会社双葉社