『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』豪華クリエイター陣によるコラボ冊子が発売決定

HJノベルス刊『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』より、豪華クリエイター陣によるコラボ冊子の発売が決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、若くして名をはせる冒険者デイルが、森の中で出逢った魔人族の少女「ラティナ」の保護者になることを決意して始まるアットホームファンタジー作品。原作小説は現在第8巻まで発売されており、2019年7月4日(木)よりアニメ放送も開始となる。コラボ冊子「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 Arts of ラティナ 2019夏」の一般販売は夏が予定されており、発売に先駆けてECサイト「ebten」にて予約を開始した。

【参加イラストレーター】

ほた。(表紙イラスト)/たかみち/ななかまい/cake/雪雨こん/いちはや/osa/pote/咲良ゆき/とぴあ/鈴穂ほたる/まとけち/みゅとん/麦子(マンガ)/染宮すずめ(マンガ)

【本体サイズ】

A4(全36ページ)

⇒ 予約はこちら

アニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』は2019年7月4日(木)より順次放送開始。原作小説もHJノベルスより第8巻まで発売中。

©CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会

[関連サイト]

TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』原作特設ページ

HJノベルス公式サイト