『新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬほど鍛えられて無敵になる。』のコミカライズが決定

HJノベルス刊『新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬほど鍛えられて無敵になる。』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、冒険者を目指すなら若いうちが常識の世界で、30歳を過ぎてから冒険者を目指した主人公が、その圧倒的な強さでエリート冒険者たちをねじ伏せていく冒険譚を描く。原作小説は現在第2巻まで発売されている。圧倒的に強いおっさんルーキーの物語が漫画化に向けて動き出している。

【第1巻あらすじ】

『冒険者になるのはできるだけ若いうちがいい』 そんなことは常識だ。冒険者の強さの基礎である「魔力」は若いうちに鍛えなければ、ほとんど伸びないからである。しかしその男、なんと30歳を過ぎてから冒険者を目指したリック・グラディアートルは、新米ながらも最高位であるSランク並みの戦闘力を有していた。「ははは、その歳から冒険者とか(笑)」「よっこいしょ」 メキメキメキィ!!!←(最高位魔法が素手でねじ切られる音) 実はリックは、大陸最強の冒険者が集う伝説のパーティ「オリハルコン・フィスト」のメンバーによって想像を絶する日常を過ごしてきたのだ。ドラゴンからヴァンパイアまで、文字通り「モンスター」級の師匠たちに鍛え上げられた戦闘力で、リックはなめてかかってくるエリート冒険者を次々にねじ伏せていく。

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載時期などの詳細については今後の続報を待ちたい。コミカライズが決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬほど鍛えられて無敵になる。』は、HJノベルスより第2巻まで発売中。

©岸馬きらく/ホビージャパン イラスト:Tea

[関連サイト]

『新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬほど鍛えられて無敵になる。』特設ページ

HJノベルス公式サイト