『リアデイルの大地にて』のコミカライズ連載が開始 200年後の世界で始まる伝説のエルフファンタジー

ファミ通文庫(B6判)刊『リアデイルの大地にて』のコミカライズ連載が、無料漫画サイト「WEBデンプレコミック」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、生命維持装置なしでは生きられなかった少女が唯一自由を手にできたVRMMORPG「リアデイル」。やがて命を落とした少女は、自分の知っている「リアデイル」の世界から200年後の世界で目を覚ます……という物語。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画を月見だしお氏、構成を涼風涼氏が担当しており、第1話「現状を把握しよう」がカラー含む44ページで公開された。200年後の世界で始まる伝説のエルフファンタジーがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

事故によって生命維持装置なしには生きていくことができない身体となってしまった少女”各務桂菜”はVRMMORPG『リアデイル』の中でだけ自由になれた。そんなある日、彼女は生命維持装置の停止によって命を落としてしまう。しかし、ふと目を覚ますとそこは自らがプレイしていた『リアデイル』の世界……の更に200年後の世界!? 彼女はハイエルフ”ケーナ”として、200年の間に何が起こったのかを調べつつ、この世界に生きる人々やかつて自らが生み出したNPCと交流を深めていくのだが――。

⇒ コミカライズ版『リアデイルの大地にて』はこちら

次回の更新は2019年8月23日(金)が予定されている。原作小説は発売直後から重版を繰り返すなど大きな注目を集め続けている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『リアデイルの大地にて』は、ファミ通文庫(B6判)より第2巻まで発売中。

©Ceez/KADOKAWA  ファミ通文庫刊 イラスト:てんまそ

[関連サイト]

『リアデイルの大地にて』特集サイト

ファミ通文庫公式サイト

リアデイルの大地にて2

Ceez(著), てんまそ(イラスト)

リアデイルの大地にて

Ceez(著), てんまそ(イラスト)