『デュアル・イレイザー』 感想 【ラノベ365日】