『婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ』のコミカライズ連載がコンプエース9月号より開始

エンターブレイン単行本『婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ』のコミカライズ連載が、2019年7月26日発売の「コンプエース9月号」よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、許嫁である王子から身に覚えのない理由で婚約破棄され、地下牢へと投獄されてしまった公爵令嬢が、王妃教育もサボれてうるさい使用人もいない監獄生活を破天荒に楽しむハイテンションコメディ。原作小説は2019年1月に上下巻で同時発売されている。コミカライズの作画は平未夜氏が担当しており、第1話が掲載された。フリーダムすぎる監獄生活を描くプリズンコメディがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

公爵令嬢レイチェルは、許嫁であるエリオット王子から身に覚えのない罪を理由に婚約を破棄され、地下牢に投獄されてしまった。これは恋敵の陰謀か、はたまた政敵の罠か……!? そして、レイチェルは思った。「プリズンイエーッ! ゴロゴロし放題のスローライフ! 王妃教育もサボれてうるさい使用人もいない、楽しい休暇の始まりだ!」 準備万端整えていたレイチェルは、獄内でだらだら生活と王子への嫌がらせを心置きなく満喫する! 自由で愉快な監獄生活(スローライフ)のはじまり、はじまり。

なお、本作のコミカライズは全3話による短期集中連載となる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ』は、エンターブレイン単行本より上下巻で発売中。

©山崎響/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:鍋島テツヒロ

[関連サイト]

エンターブレイン公式サイト

コンプエース 2019年9月号

コンプエース編集部(編)

婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ 上

山崎響(著), 鍋島テツヒロ(イラスト)