『ナイツ&マジック』がシリーズ累計200万部を突破 メカオタクが異世界を駆るロボットファンタジー

ヒーロー文庫刊『ナイツ&マジック』がシリーズ累計200万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、凄腕プログラマーであり、重度のロボットオタクでもある青年が、巨大ロボットが駆る騎士と魔法の異世界へと転生して始まるロボットファンタジーを描く。原作小説は現在第9巻まで発売されている。2017年にはTVアニメ化も行われ、2016年から「ヤングガンガン」にて連載されているコミカライズも大きな反響を呼び続けている。小説と漫画の双方で注目を集め続けており、小説最新刊の発売も待たれる期待のシリーズとなる。

【第9巻あらすじ】

ボキューズ大森海での騒乱を終え、銀鳳騎士団は巨人族と共に王都に帰還する。巨人族、そしてエルネスティを襲ったという第一次森伐遠征軍の末裔の存在は、フレメヴィーラ王国にとってまさに寝耳に水。突如もたらされた途方もない話に、もはや既存の価値観は通じず、王国は新たな時代へと踏み出していくことになる。そして銀鳳騎士団にもまた、巣立ちの時が迫っていた。此度の事件で銀鳳騎士団の影響力を重く見た国王リオタムスは、エドガー、ディートリヒ、ヘルヴィらが率いる各中隊を新たな騎士団として独立させるよう告げる。エルネスティの下に残る者、騎士団長としての道へ踏み出す者、新たに入団を目指す者――それぞれの想いを受けて銀鳳騎士団は形を変え、新たな飛翔の時が訪れる。

本作の最新刊は昨年の10月に発売された第9巻となっており、前巻の発売から1年になろうとしている。続刊に関する続報を引き続き楽しみに待ちたい作品だ。先月発売されたコミックス第9巻を読みながら、原作小説の情報も楽しみにしよう。『ナイツ&マジック』は、ヒーロー文庫より第9巻まで発売中。

©天酒之瓢/主婦の友インフォス イラスト:黒銀

[関連サイト]

『ナイツ&マジック』TVアニメ公式サイト

ヒーロー文庫公式サイト

ナイツ&マジック 9

天酒之瓢(著), 黒銀(イラスト)

ナイツ&マジック 1

天酒之瓢(著), 黒銀(イラスト)