アニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第7話「幼き少女、港町へ行く。」のあらすじ&場面カットが解禁

放送中のHJノベルス発のアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』の第7話「幼き少女、港町へ行く。」のあらすじ&場面カットが公開された。また、生放送特番「『うちの娘。』保護者観覧放送第2回」が2019年8月15日(木)に配信されることも決定した。特番にはラティナ役の高尾奏音さん、クロエ役の桑原由気さん、シルビア役の高野麻里佳さんが出演する。

【第7話「幼き少女、港町へ行く。」あらすじ】

デイルの故郷へと向かう道中で、美しい港町・クヴァレを訪れたデイルとラティナ。観光目的で数日宿泊することにし、初めての海や食べ物を満喫する二人は、『寡黙な鴎亭』というレストランで食事をとることに。そこでラティナは、楽器を演奏している女性の腕輪が、自分の持っている腕輪と似ていることに気づいて――。

【場面カット】

生放送特番「『うちの娘。』保護者観覧放送第2回」

配信日時: 2019年8月15日(木) 21:00~

配信URL: https://live.nicovideo.jp/gate/lv321430872

出演: 高尾奏音(ラティナ役)、桑原由気(クロエ役)、高野麻里佳(シルビア役)

アニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』は好評放送中。原作小説もHJノベルスより第8巻まで発売中。

©CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会

[関連サイト]

TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式Twitter

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』原作特設ページ

HJノベルス公式サイト