『村人ですが何か?』がシリーズ累計50万部を突破 人生を一度だけやり直して成り上がる村人の最強無双ファンタジー

GCノベルズ刊『村人ですが何か?』がシリーズ累計50万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、幼なじみのチート賢者に殺されてしまった敵性職業「村人」の主人公が、一度だけ人生をやり直せるチートスキルによって、勇者さえも救う地上最強の村人へと成り上がる最強無双ファンタジーを描く。原作小説は現在第6巻まで発売されている。2017年より「ドラゴンエイジ」にて連載中のコミカライズも人気を博しており、小説と漫画の双方で注目を集め続けている。

【第6巻あらすじ】

「俺に喧嘩を売った事を、地獄に送った後も後悔させてやる」 リュートが保護する少女――リズを狙い、勇者コーデリアの叔父ヨーゼフが脅しをかけてきた。国や支援商会など、コーデリアのしがらみを逆手にとり、半ば人質のようにして話を進めるヨーゼフ。リュートはリズを絶対に渡さないとしつつも、時間を稼ぐために相手に従うような素振りをするが、それが最悪の事態に発展してしまう。予想を超えるヨーゼフたちのゲスな所行は“最強の村人”の逆鱗に触れ、最大戦力での蹂躙劇へと繋がっていく――。

ぶっちぎりの成り上がり最強譚が魅力の本作。シリーズ累計50万部を突破する『村人ですが何か?』は、GCノベルズより第6巻まで発売中。

©白石新/マイクロマガジン社 イラスト:白蘇ふぁみ

[関連サイト]

『村人ですが何か?』特設サイト

GCノベルズ公式サイト

村人ですが何か? 6

白石新(著), 白蘇ふぁみ(イラスト)

村人ですが何か? 1

白石新(著), 白蘇ふぁみ(イラスト)