『東雲侑子は短編小説をあいしている』 感想 【まだまだペンキぬりたて】