BOOK☆WALKER個人出版作品『本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない!』が商業作品としてダッシュエックス文庫より発売

ダッシュエックス文庫刊『本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない!』が2019年8月23日に発売された。本作はWeb小説サイト「カクヨム」上で2017年に開催した「BOOK☆WALKER BWインディーズ」コンテストにて「大賞」を受賞し、イラストレーター・切符氏の描き下ろしイラストを付け、2017年11月から個人出版作品として電子書籍化。BOOK☆WALKERストアのみで販売されていた。このたびダッシュエックス文庫から発売されるにあたり、商業作品として編集された上、全国の書店や総合電子書籍ストアにて販売をスタートした。

【あらすじ】

一生本を読んで暮らしたい! 本を愛してやまない男、アシタ・ユーリアス。彼の働く本屋にはいつでも冒険者がごったがえしていた。理由は簡単。みんな、彼の“知識”が欲しいのだ。本を読めればそれでいい! そんなアシタの想いとは裏腹に、冒険者は彼をダンジョンへと連れて行きたがり……“最も博識”で“最も貧弱”な主人公がダンジョンをえっちらおっちら駆け回る!ドタバタ異世界ファンタジー!

BOOK☆WALKER個人出版の電子書籍販売を続けてきた同ストアにおいて、コンテストから電子書籍販売を通し、商業作品として全国の書店等で発売されることは初となる。スニーカー文庫の人気シリーズ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』を手掛けるしめさば氏の作品としても大きな注目を集めている。『本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない!』は、ダッシュエックス文庫より第1巻が発売中。

©SHIMESABA 2019

[関連サイト]

ダッシュエックス文庫公式サイト