『史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり』のコミカライズが決定 史上最強の転生オークによる無双&ハーレム物語

ガガガ文庫刊『史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり』のコミカライズが決定した。本作第13回小学館ライトノベル大賞「優秀賞」受賞作で、女騎士とオークの息子に転生した主人公が、最強のオークとなって美少女たちと愛し合う紳士なオークのハーレム物語を描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は月見隆士氏が担当することも決定しており、連載はマンガアプリ「マンガワン」にて行われる。スニーカー文庫刊『回復術士のやり直し』など数々のヒット作を手掛ける月夜涙氏の受賞作が早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

女騎士とオークの息子に転生したオルク。彼は母親似で生まれたせいでオークの村でいじめられてしまっていた。そんなオルクは美少女エルフとの出会いで、最強の血が覚醒する。オークとして生まれたからには――可愛い女の子たちと毎日愛し合いたい! それには女が心から抱いて欲しいと思えるような、強いオークになるしかない!! そんなこんなで、史上最強の力を手に入れたオルクのハーレムづくりの旅がはじまる。オルクは、その身につけた力を使いこなし、旅の中、無双し、成り上がり、次々と美少女と愛し合っていく――!

コミカライズの連載は2019年9月19日(木)より開始となる。本作は発売直後に重版も行われており、注目を集めているシリーズでもある。早くもコミカライズの連載が控えるこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり』は、ガガガ文庫より第1巻が発売中。

©月夜涙/小学館 イラスト:みわべさくら

[関連サイト]

ガガガ文庫公式サイト

史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり

月夜涙(著), みわべさくら(イラスト)