『三大陸英雄記 ~現代知識による帝国再建記~』のコミカライズが決定 斜陽を辿る帝国の本格覇道戦記ファンタジー

ファミ通文庫(B6判)刊『三大陸英雄記 ~現代知識による帝国再建記~』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、斜陽の一途を辿る長耳族(エルフ)の帝国を、後継者に指名された三男が帝国再建に奔走する超本格戦記ファンタジーを描く。原作小説は第2巻が8月30日に発売されたばかりで、コミカライズの連載は「ヤングエースUP」にて行われる。最弱帝国の大逆転ファンタジーが漫画化に向けて動き出している。

【第1巻あらすじ】

衰退の一途を辿るレムリア帝国の跡継ぎとして育てられた少年エルキュール。数年後、皇帝に即位したエルキュールは帝国を再興するために大規模な財政・軍事の改革を行うなど慌ただしい日々を送っていた。そんな中、帝国内部に建国された国家ペロソニア傭兵団領が帝国に侵攻されてしまう!! すぐさまエルキュールは戦争の準備を整えるのだが……。これは後にレムリア帝国中興の祖であり三大陸の覇者『聖光帝』として歴史に名を残す若き皇帝の物語である。

コミカライズの作画担当者や連載開始時期などの詳細は今後の続報を待ちたい。コミカライズが決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『三大陸英雄記 ~現代知識による帝国再建記~』は、ファミ通文庫(B6判)より第2巻まで発売中。

©桜木桜/KADOKAWA ファミ通文庫刊 イラスト:柴乃櫂人

[関連サイト]

『三大陸英雄記 ~現代知識による帝国再建記~』特集ページ

ファミ通文庫公式サイト

三大陸英雄記 ~現代知識による帝国再建記~

桜木桜(著), 柴乃櫂人(イラスト)