『くま クマ 熊 ベアー』がシリーズ累計50万部を突破 出会いが出会いを呼ぶ最恐クマっ娘による異世界冒険譚

PASH!ブックス刊『くま クマ 熊 ベアー』がシリーズ累計50万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、オンラインゲームのアンケートに回答した主人公が異世界(?)へと飛ばされてしまい、初期装備「クマセット」を着て快進撃を続ける冒険譚を描く人気シリーズ。原作小説は第13巻が8月30日に発売されたばかりで、コミカライズ第3巻も同時発売されていた。また、今年1月には設定画やイラストギャラリー、全50編のショートストーリーなどを収録した特別巻となる第11.5巻でも大きな話題を呼び、小説と漫画の双方で注目を集め続けている。

【第13巻あらすじ】

国王の依頼により国境地帯の街・デゼルトへ、クラーケンの魔石を届けに行くことになったユナ。たどり着くには過酷で広大な砂漠地帯を抜けないといけないけれど…相変わらずチートなクマ装備&くまゆる・くまきゅうのおかげで、悠々と駆けていく!デゼルトの街に到着し、冒険者ギルドで出会ったのは、ある重大な問題を抱えた領主の娘・カリーナ。彼女の願いを叶えるべく、ユナは魔物ひしめくピラミッド攻略に挑むことに…!? 灼熱の地で、クマっ娘ユナの新たな冒険が始まる!

2018年より「コミックPASH!」にて連載されているコミカライズとあわせて、この機会にぜひ本作を読んでみよう。『くま クマ 熊 ベアー』は、PASH!ブックスより第13巻まで発売中。

©くまなの/主婦と生活社 イラスト:029

[関連サイト]

PASH!ブックス(主婦と生活社)公式サイト

くま クマ 熊 ベアー 13

くまなの(著), 029(イラスト)

くま クマ 熊 ベアー

くまなの(著), 029(イラスト)