『いつか仮面を脱ぐ為に ~嗤う鬼神と夢見る奴隷~』のコミカライズが決定

スニーカー文庫刊『いつか仮面を脱ぐ為に ~嗤う鬼神と夢見る奴隷~』のコミカライズが決定した。本作は『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』や『棺姫のチャイカ』などを手掛ける榊一郎氏の新シリーズで、王国の最終防衛用兵器の異名を持つ少年が、戦場で出会った奴隷の少女に一目惚れをして始まる恋の物語を描く。原作小説は9月1日に第1巻が発売されたばかり。コミカライズの作画はムロコウイチ氏が担当することも決定しており、連載はマンガアプリ「マンガUP!」にて行われる。「仮面」越しに始める不器用な恋の物語が早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

戦場にて、英雄の少年は奴隷の少女に一目ぼれをする――。ウォルトン王国の最終防衛用兵器――《護国鬼人》の異名を持つ少年・レオ。敵国ネプツニスの使い捨て魔力供給源として、特攻魔導兵器に組み込まれていた少女・フェルミ。「下郎め。楽に死ねると思わぬ事だ……なっ……?」「……じっとしてますから……痛くしないで……くださ……い」 二人は出会う。が、あらわになる敵は――美少女妖精で!? 大層な二つ名とは裏腹に、兵器として引き籠り生活を送っていたレオは、あっさりとその可愛さに心奪われ――!? 英雄と奴隷が紡ぐ、歯がゆくて不器用な恋の物語。

コミカライズの連載開始時期については今後の続報を楽しみに待ちたい。早くもコミカライズが決定したこの機会に、発売されたばかりの本作をぜひ読んでみよう。『いつか仮面を脱ぐ為に ~嗤う鬼神と夢見る奴隷~』は、スニーカー文庫より第1巻が発売中。

©榊一郎/KADOKAWA スニーカー文庫刊 イラスト:茨乃片貝文洋

[関連サイト]

『いつか仮面を脱ぐ為に』特設ページ

スニーカー文庫公式サイト