『緋弾のアリアⅩⅡ』 感想 【まだまだペンキぬりたて】