『物理的に孤立している俺の高校生活』のコミカライズ連載が開始 残念系異能×ぼっちの痛快青春未満ラブコメ

ガガガ文庫刊『物理的に孤立している俺の高校生活』のコミカライズ連載が、「マグコミ」にて開始となった。本作はとある異能力のせいで友達が作れないどころかスクールカーストにさえ位置づけられない孤独な少年が、同じく異能力のせいで友達ができない少女たちと共に、友達を作るための同盟を結んで始まる残念系青春ラブコメ作品。原作小説は第7巻が9月18日に発売されたばかり。コミカライズの作画はらま氏が担当しており、第1話が22ページで公開された。全力で友達づくりに奮闘する痛快青春未満ラブコメがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

この俺、波久礼業平には悲しいけどマジで友達がいない。周囲の人間の体力を奪う異能力のせいだ。クラスでも物理的に孤立してて、まさにスクールカースト範囲外! いや、理不尽すぎるだろこの立ち位置! そんな俺の前に現れたのが、高スペックなくせに毒舌のせいで友達ができない、通称「氷の姫」高鷲えんじゅ。こいつが友達を作る『同盟』をもちかけてきたんだけど、ぼっちが集まっても建設的な意見なんて出せないよね――とか言って諦められるか! 残念系異能力者たちが全力で友達づくりだけに奮闘する青春未満ラブコメ、スタート!

⇒ コミカライズ版『物理的に孤立している俺の高校生活』はこちら

次回の更新は2019年10月20日(日)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『物理的に孤立している俺の高校生活』は、ガガガ文庫より第7巻まで発売中。

©森田季節/小学館 イラスト:MikaPikazo

[関連サイト]

ガガガ文庫公式サイト

物理的に孤立している俺の高校生活7

森田季節(著), MikaPikazo(イラスト)

物理的に孤立している俺の高校生活

森田季節(著), MikaPikazo(イラスト)