『デッキひとつで異世界探訪』のコミカライズ連載が開始 カードバトルで過酷な異世界を生き抜く冒険譚

BKブックス刊『デッキひとつで異世界探訪』のコミカライズ連載が、「マンガよもんが」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、遊戯の神によって「ゲームの力」を付与されて異世界へと転生することになった主人公が、てっきり死ぬほどやりこんだVRゲームの力を与えられたと思いきや、かつてハマっていたTCGを操る力を授かって始まる冒険物語を描く。原作小説は現在第3巻まで発売されている。コミカライズの作画は春夏冬工氏が担当しており、第1話が13ページで公開された。TCGの力で異世界を巡る冒険譚がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

最新VRゲームに没頭するあまり命を落としてしまった主人公・柳木透。そんな境遇を見かねた遊戯の神・セルエノンによって、透は「ゲームの力」を付与するという条件のもと、異世界・クレナクレムに転生することになった。ところが、てっきり与えられる力を死ぬほどプレイしたVRゲームの力と思いきや、昔にハマっていたTCG(トレーディングカードゲーム)を操る力だった!?「ゲームはゲームでも、カードゲームじゃねーか!」『いやいや、誰もVRゲームの力とは言ってないよ?』 そんな神に与えられたカードデッキを手にし、お供にデッキの守護聖霊である犬耳少女・ワフを連れて、透は誰も知る者のいない異世界で自分の居場所を見つけるための冒険に出る。自らを転生させたセルエノンの思惑も知らぬままに……。

コミカライズ版は隔週月曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『デッキひとつで異世界探訪』は、BKブックスより第3巻まで発売中。

©棚架ユウ/ぶんか社 イラスト:りりんら

[関連サイト]

BKブックス(ぶんか社)公式サイト

デッキひとつで異世界探訪3

棚架ユウ(著), りりんら(イラスト)

デッキひとつで異世界探訪

棚架ユウ(著), りりんら(イラスト)