『チェンライ・エクスプレス』 感想 【虎とラッパ】