『黒鉄の魔法使い』のコミカライズ連載がコンプエース11月号より開始

オーバーラップ文庫刊『黒鉄の魔法使い』のコミカライズ連載が、2019年9月26日発売の「コンプエース11月号」よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界への転移の後に「黒鉄」として名を馳せた壮年の主人公のもとに、異世界からの転生者が弟子入りをして始まる最強師弟のバトルファンタジーを描く。原作小説は現在第4巻が9月25日に発売されたばかり。コミカライズの作画はもくふう氏が担当しており、第1話が巻中カラーを飾った。熱血少女の全力下剋上ファンタジーがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

異世界に転移して十数年。かつて「黒鉄」として名を馳せたデリス・ファーレンハイト。そんな彼の元に「弟子入り志願」をしてきたのは、同じく異世界転生者の桂城悠那。強くなり、自身を捨てた者全員をぶちのめしたい、とあけすけに語る彼女に興味を惹かれ、弟子にすることを決めたデリスなのだが――「師匠! 正拳突き1回で、スキルのレベルが上がりました!」――その実、悠那は恐ろしいほどの「武」の才を秘めていたのだった。並み居る魔物を容易に屠り。立ち塞がる敵は撲殺殴殺容赦なし。最強の魔法使いと、その戦闘狂の弟子による“師弟”異世界ファンタジー、開幕。

コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『黒鉄の魔法使い』は、オーバーラップ文庫より第4巻まで発売中。

©迷井豆腐/オーバーラップ イラスト:にゅむ

[関連サイト]

『黒鉄の魔法使い』特設ページ

オーバーラップ文庫公式サイト

コンプエース 2019年11月号

コンプエース編集部(編)

黒鉄の魔法使い

迷井豆腐(著), にゅむ(イラスト)