『一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた ~落第剣士の学院無双~』のコミカライズが決定

ファンタジア文庫刊『一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた ~落第剣士の学院無双~』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、まったく剣術の才能に恵まれなかった少年が、一億年ボタンという魔法のアイテムにより、長い時間を費やし努力の剣士として最強の力を手にする物語を描く。原作小説は第1巻が10月19日に発売されたばかりで、コミカライズの連載は「ヤングエースUP」にて行われる。最強の力を手にした落第剣士の剣戟無双ファンタジーが漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

周囲から『落第剣士』と蔑まれる少年アレン=ロードル。彼はある日、剣術学院退学を懸けて同級生の天才剣士ドドリエルと決闘することになってしまう。勝ち目のない戦いに絶望する中、偶然アレンが手にしたのは『一億年ボタン』。それは「押せば一億年間、時の世界へ囚われる」呪われたボタンだった!? しかし、それを逆手に取った彼は一億年ボタンを連打し、十数億年もの修業の果て――極限の剣技を身に付けた! その後アレンはドドリエルに圧勝、剣術大会でも優れた結果を残す。さらには剣術の名門『千刃学院』から推薦入学の話が飛び込み!? 最強の力を手にした落第剣士は今、世界へその名を轟かせる!

コミカライズの作画担当者や連載時期などの詳細は今後の続報を待ちたい。本作は日刊試読タイムの記事にて序盤の内容にも触れているのであわせて確認してもらいたい。コミカライズが決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた ~落第剣士の学院無双~』は、ファンタジア文庫より第1巻が発売中。

©月島秀一/KADOKAWA  ファンタジア文庫刊 イラスト:もきゅ

[関連サイト]

『一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた』特設サイト

ファンタジア文庫公式サイト