HJ文庫刊『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』の緊急重版を記念した特別外伝ストーリーが公開

11月1日に発売となったばかりのHJ文庫刊『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』の重版が早くも決定したことを記念して、特別外伝「第〇・五話 クマニーサンの歓迎準備」が公開された。発売日当日はTwitter上で展開された「#大デンドロ祭」をはじめ大きな話題を呼んだ本作が、発売よりわずか1日で緊急重版となった。公開された特別短編は、本編開始直前のエピソードとなっており、ネタバレを含むため本編読了後に読むことが推奨されている。一部販売店舗では品薄状態が続いているとのことだが、重版対応は急ピッチで進められているので、そう時間を置かず重版分が店頭に並ぶことになるだろう。

インフィニット・デンドログラム

【あらすじ】

各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム<エンブリオ>。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち<ティアン>。そんな夢のようなシステムを備えたダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>は、瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻し、数多くのユーザーがこのゲームを楽しんでいた。大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二もまた、受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>を起動する――。

『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』のコミカライズが決定 さらに50人のイラストレーターによる「#大デンドロ祭」も

⇒ 特別外伝「第〇・五話 クマニーサンの歓迎準備」はこちら

本編を読了済みの読者はぜひ外伝ストーリーも楽しんでもらいたい。今井神氏の手によって、今冬のコミカライズ始動も決定しているHJ文庫の注目作品『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性への始まり』は、HJ文庫より好評発売中。

©海道左近/ホビージャパン イラスト:タイキ

kiji_line

[関連サイト]

『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』特設サイト

HJ文庫公式サイト

kiji_line