2年連続で総合1位は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』 BOOK☆WALKERが2016年間電子書籍ランキングを発表

電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」は2016年間電子書籍ランキングを発表した。ライトノベルだけではなく、マンガや文芸書など2015年11月16日から2016年11月15日までの集計期間内に販売していた約30万冊の電子書籍の中から売上実績を集計したランキングとなっており、総合1位をGA文庫刊『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』が獲得した。同作は昨年のランキングでも1位を獲得しており、2年連続で総合1位に輝いた。

BW2016

総合ランキング年間トップ100のタイトル中、昨年と同様にライトノベルとマンガがそのほぼすべてを独占する形となった。また昨年からの比較では、2位となった『この素晴らしい世界に祝福を!』や3位の『ノーゲーム・ノーライフ』、7位の『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』は大きく躍進したと言えるだろう。あらためて、ライトノベルと電子書籍の相性の良さをうかがわせる結果となった。

総合1位を『ダンまち』が獲得! BOOK☆WALKERが2015年間電子書籍ランキングを発表

【2016年 年間総合ランキング】

1位:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(GA文庫)

2位:この素晴らしい世界に祝福を!(スニーカー文庫)

3位:ノーゲーム・ノーライフ(MF文庫J)

4位:魔弾の王と戦姫(MF文庫J)

5位:僕だけがいない街(角川コミックス・エース)

6位:ちはやふる(BE・LOVE)

7位:デスマーチからはじまる異世界狂想曲(カドカワBOOKS)

8位:無職転生 ~異世界行ったら本気だす~(MFブックス)

9位:ログ・ホライズン(KADOKAWAホビー書籍部)

10位:ダンジョン飯(ビームコミックス・ハルタ)

特設サイトでは文芸、コミック、実用など合計10カテゴリと、個人出版であるBWインディーズの上半期ランキングTOP20も発表されている。カテゴリ別ランキングには担当者による解説コメントも掲載されているので、電子書籍に興味を持っている読者は、2016年を振り返る意味も込めて覗いてみるといいだろう。

↓特設サイトはこちら↓

kiji_line

[関連サイト]

電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」

kiji_line