第8回GA文庫大賞「優秀賞」受賞作『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』特設ページとPVが公開

2017年2月15日に発売となるGA文庫刊『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』の特設ページとPVが公開された。本作は第8回GA文庫大賞「優秀賞」受賞作で、ラストダンジョン手前の人外魔境とまで呼ばれている村に住む少年が、都会に憧れて旅立ち「本当の強さ」に目覚めていく姿を描く物語。公開されている特設ページではキャラクターの紹介や書店員のレビュー、試し読みなどが公開。さらにPVも2分近い内容となっており、ナレーションを声優の原田彩楓さんが担当している。

村人、強すぎ!

ド田舎からとんでもない奴がやってきた!?

【あらすじ】

「僕、都会に行ってみたいんです!」 村人誰もが反対するなか、軍人になる夢を捨てきれず王都へと旅立った少年ロイド。しかし村で一番弱い男と言われる彼を含め、村人は誰一人として知らなかったのだ。自分たちの村が高レベル冒険者でも恐れる『ラストダンジョン手前の人外魔境』なんて呼ばれている真実を。そこで育ったロイドは……身体能力ばつぐん、古代魔法も完備、おまけに家事のスキルもパーフェクト!!「な、何者なんだ、あいつは……!」「ロイド君、本気出しちゃだめよ?」 これは、無自覚に無敵を体現する少年が『本当の強さ』に目覚めゆく勇気と出会いの物語――。

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』PV

タイトルの長さもひとつの特徴と言える本作。略称については「ラスダン」または「ラスダン村人」がオフィシャルでは使われているようだ。第8回GA文庫大賞にて「優秀賞」を受賞した本作に注目が集まる。『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』は、GA文庫より2017年2月15日発売。

©サトウとシオ/SBクリエイティブ イラスト:和狸ナオ

[関連サイト]

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』特設ページ

GA文庫公式サイト