今回のテーマは「単行本作品に触れてみませんか?」!『第12回ラノベ読書会』が2017年7月23日(日)に開催

ライトノベルを語りたいけど語れる人が周りにいない。そんなライトノベル好きにこそ参加してほしい有志のオフイベント『第12回ラノベ読書会』が2017年7月23日(日)に開催される。本イベントは2015年9月より開催されており、今回で12回目。毎回異なるテーマを決めて本イベントは行われている。第12回のテーマは「単行本作品に触れてみよう」となっており、文庫にも負けないくらいに増加している単行本形式のライトノベルに触れることをテーマとする。なお、課題図書はすべて読んでいる必要はないので安心して参加してもらいたい。もちろん、単行本作品をここで知りたいという方もぜひ語りに行ってみよう。

宝島社刊『異世界駅舎の喫茶店』

『第12回ラノベ読書会』概要

開催日: 2017年7月23日(日)

場所: 渋谷区役所 勤労福祉会館 第1和室

時間: 14:00~17:00

参加費: 数百円程度

【主なテーマ】

単行本作品に触れてみませんか?

【課題図書】

・異世界駅舎の喫茶店(宝島社)

・異世界お好み焼きチェーン(アース・スターノベル)

・僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件(ツギクルブックス)

本イベントはライトノベル好きが集まるので、普段周囲とはできない濃密なラノベ会話ができそうだ。また、希望者が多ければ二次会等の開催も行われる。初参加も途中参加も途中離脱も大歓迎なオフイベントとなっているので、ライトノベルが好きな方は、ぜひ参加を検討してみてほしい。参加申し込みは告知ページから可能となっている。

©Swind/宝島社 イラスト:pon-marsh

[関連サイト]

『第12回ラノベ読書会』告知ページ