『言の葉の庭』ノベライズ版が発売 新海誠×加納新太のコンビが贈るもうひとつの小説シリーズ

『君の名は。』で数々の記録を作った新海誠氏の作品をノベライズし続けてきた加納新太氏の最新刊『言の葉の庭』のノベライズ版が、2017年8月2日に発売となった。昨年はスニーカー文庫より『君の名は。Another Side:Earthbound』を発売し、35万部を突破。同氏最新のノベライズとなる『言の葉の庭』では、思春期ゆえの内面の機微を繊細に描き出すことで、主人公・孝雄(たかお)の心情に迫って綴られる。

【ストーリー】

靴職人を志す高校生・秋月孝雄(あきづきたかお)はある雨の朝、学校をさぼり、日本庭園で靴のスケッチを描いていた。そこで出会った謎めいた年上の女性、ユキノ。やがて二人は約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、心を通わせていくが、梅雨は明けようとしていた……。

新海誠氏×加納新太氏のノベライズは『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『君の名は。』に続き、本作が刊行される。主人公・孝雄(たかお)の心情に迫る加納新太版ノベライズ『言の葉の庭』は発売中。

[関連サイト]

『言の葉の庭』公式サイト