『エクスタス・オンライン』のコミカライズ連載が本日発売のドラゴンエイジ9月号より開始 エクスタシーVRMMOファンタジー開幕

現在、第3巻まで発売しているスニーカー文庫刊『エクスタス・オンライン』のコミカライズ連載が、2017年8月9日発売の「ドラゴンエイジ9月号」よりスタートした。本作はTVアニメ化も行われた『魔装学園H×H』を手掛ける久慈マサムネ氏の新シリーズ。クラスメイトと共に閉じ込められたゲームの世界で、人間と魔王の二つの顔を演じる主人公を描いた作品となっている。コミカライズの作画は鬼八頭かかし氏が担当しており、第1話「ログイン」は巻頭カラーを飾った。限界突破エクスタシーVRMMOファンタジーがコミックでも開幕した。

【原作小説第1巻あらすじ】

スクールカースト底辺の堂巡駆流(どうめぐり・かける)は、VRゲーム《エグゾディア・エクソダス》に君臨する最強魔王ヘルシャフトに転生。しかも“禁断の力”(アダルトモード)まで手に入れた! ところが、現れた敵(プレイヤー)は、憧れの女の子・朝霧凛々子(あさぎり・りりこ)や見知ったクラスメートたち。朝霧たちは魔王ヘルシャフトを倒せば元の世界に戻れると信じていたが、本当は魔王が死ぬと全員の命が危険で――!? 大切な人を救うため、堂巡/ヘルシャフトは最強の力でクラスメートを迎え撃つ!「魔装学園H×H」の著者が贈る、エクスタシーVRMMOファンタジー始動!!

いよいよ連載が開始となったコミカライズ版『エクスタス・オンライン』。コミック版を読んで先の展開が気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでもらいたい。『エクスタス・オンライン』は、スニーカー文庫より第3巻まで発売中。

©久慈マサムネ/KADOKAWA 角川書店刊 イラスト:平つくね

[関連サイト]

『エクスタス・オンライン』特設サイト

スニーカー文庫公式サイト