『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』のコミカライズ企画が進行中

2017年9月1日に第3巻が発売となるHJ文庫刊『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』のコミカライズ企画が進行中となっている。本作は圧倒的な力を持ち人々に恐れられる魔術師の少年ザガンが、とあるオークションに出品されたエルフの少女に一目惚れして始まるラブコメファンタジー。これまで女なんて面倒くさいと考えてきた魔術師が、不器用ながらに愛を伝えようと奔走する姿を描く。第1巻は発売直後から定期的に重版が行われるなど、大きな注目を集めているシリーズだ。気になるコミカライズの詳細については、今後の続報を待ちたい。

【第1巻あらすじ】

悪の魔術師として人々に恐れられているザガン。不器用で口の悪い彼は、今日も魔術の研究をしながら領内の賊をぶちのめしていた。そんな彼が闇オークションで見つけたのは、絶世の美しさを持った白い奴隷エルフの少女・ネフィ。彼女に一目惚れしたザガンは財産をはたいてネフィを購入するが、口下手な彼はネフィにどう接していいかわからない。かくして、愛の伝え方がわからない魔術師と、主人を慕いながらも訴え方がわからない奴隷、不器用なふたりの共同生活が始まる。

コミカライズの作画担当者、連載媒体、連載開始時期などの詳細な情報は続報を楽しみにしたい。なお、原作小説は日刊試読タイムの記事で序盤の内容に触れているほか、第1巻刊行時には特別寄稿のコラムも掲載しているので、あわせてチェックしてもらいたい。コミカライズ企画も進行中の『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』は、HJ文庫より第2巻まで発売中。第3巻も2017年9月1日に発売する。

©手島史詞/ホビージャパン イラスト:COMTA

[関連サイト]

『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』特設ページ

HJ文庫公式サイト