『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』がRPGアツマールにてゲーム化 JCと一緒にライトノベルレッスン

MF文庫Jと「RPGアツマール」のコラボ企画として、コラボゲーム『【JCと個人レッスン】教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』の配信がスタートした。本作は2018年3月24日に発売となる『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』が原作。『変態王子と笑わない猫。』などを手掛けるさがら総氏の最新シリーズだ。中高受験指導の塾講師、そしてライトノベル作家の主人公と教え子たちとの禁断の年の差ラブコメを描く。ゲームはライトノベル作家を目指す中学生・星花とのライトノベルレッスンにより、完成するライトノベルが変化する放置&育成ゲーム。原作小説を踏まえたオリジナルストーリーで展開されている。

【原作小説あらすじ】

中高受験指導塾に勤める27歳塾講師・天神。小中学生を指導するテクニックに長けてはいるが、子どもに対する思い入れは全くない。世間の荒波に揉まれたり同僚のJDを揉んだりしながら、どこか冷めた気持ちで今日も明日も働き続ける、はずだった。しかし――「せんせい、すき、すき、だいすき……」ある日、担当クラスの小学五年生女児にスリスリされている姿を中等部のクソ悪魔(14歳・JC)に見つかって……? 「わたしに、夜の個人レッスンをしてください――ね、一流のロリコン先生?」まさかの強制課外授業スタート!? 『変態王子と笑わない猫。』のさがら総が放つ通報必至の年の差ラブコメ! 誰も知らない小中学生の禁断の“リアル”がここにある――!?

■【JCと個人レッスン】教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?

【原作】『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』(著:さがら総/イラスト:ももこ)

【内容】女子中学生との秘密の個人レッスンが楽しめる、放置&育成ゲーム

【制作】ワタベ

⇒ ゲームはこちら

なお、MF文庫JとRPGアツマールのコラボゲームは、2018年6月まで順次公開が実施されるのでそちらも楽しみにしたい。ゲーム化だけでなくコミカライズも決定している『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』は、MF文庫Jより2018年3月24日発売。

©さがら総/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:ももこ

[関連サイト]

『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』特設サイト

MF文庫J公式サイト