『オーバーロード』がシリーズ累計700万部を突破 原作小説最新13巻も2018年4月27日発売へ

2018年7月よりTVシリーズ第3期の放送も決定しているエンターブレイン単行本『オーバーロード』がシリーズ累計700万部を突破した。昨年末に公表されていた480万部より、TVシリーズ第2期の放送を経て220万部の増となっていたことが明らかとなった。『オーバーロード』はオンラインゲーム《ユグドラシル》のプレイヤーであったモモンガが、ゲームのサービス終了と同時に異なる世界へ絶対の忠誠を誓う配下と共に迷い込んで始まる最凶ダークファンタジー。2015年夏に放送されたTVアニメを契機に爆発的な人気を博しており、TVシリーズ第2期放送終了直後には第3期も発表。ファンの興奮も冷めやらぬ中、原作小説最新13巻が2018年4月27日に発売する。

【第13巻あらすじ】

アインズ・ウール・ゴウン死す。四万の亜人連合の軍勢に包囲された聖王国。聖王国最強の聖騎士レメディオスの指揮のもと、防衛作戦が実行されるも疲弊した人間軍は亜人の蹂躙を止められない。王としての約束を果たすため、魔導王アインズは魔皇ヤルダバオトとその配下メイド悪魔にたった一人で立ち向かう。そして――紅蓮の炎につつまれた聖王国は救済されるのか――正義に導かれる13巻。

また、2018年4月26日には『オーバーロード』コミックス第9巻、そして公式アンソロジー『オーバーロード 公式コミックアラカルト』第2巻もそれぞれ発売となる。

今夏のTVシリーズ第3期放送に向けてますます盛り上がる『オーバーロード』をこの機会にぜひ手に取ってもらいたい。原作小説もエンターブレイン単行本より第12巻まで発売中。最新13巻も2018年4月27日発売。

©丸山くがね/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:so-bin

[関連サイト]

TVアニメ『オーバーロードⅢ』オフィシャルサイト