『魔術士オーフェン 無謀編』のコミカライズ連載が本日より開始 コミカルな短編シリーズも待望の漫画化

シリーズ生誕25周年プロジェクトとしてアニメ企画も動き出しているTOブックス刊『魔術士オーフェン』シリーズより、『魔術士オーフェン 無謀編』のコミカライズ連載が、WEBコミック「comicコロナ」にて開始となった。「無謀編」の初出は1994年の「ドラゴンマガジン」となり、その後文庫として全13巻で発売。2012年にはエピソードの再編集と新作短編を収録してドラマCD付でTOブックスより刊行された。コミカライズの作画は矢上裕氏が担当しており、第1話「ひとの話を聞きやがれ! 1」が16ページで公開された。本編シリーズよりも圧倒的にコメディ要素の強い、爆笑必至の物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

「で、なんだったんだ? 我が家にはなにが起こったんだ?」スウェーデンボリー魔術学校の校長にして史上最強の魔術士の一人、《魔王》オーフェン・フィンランディは嘆息した。目の前には何故かぼろぼろになった愛しき娘が三人。その背景に広がるのは、見るも無残なまでに変容したマイホーム。しかしまあ、彼にしてみれば幼いころから繰り返し見てきた光景である。あのころは平和だった。彼の《姉たち》が毎日喧嘩を繰り返していた、あのころは……。書き下ろしプレオーフェン『毎度の話』を含む、爆笑短編11本!伝説のハイテンション・コメディ・ファンタジー!

⇒ コミカライズ版『魔術士オーフェン 無謀編』はこちら

次回の更新は2018年8月27日が予定されており、更新ペースは隔週となりそうだ。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『魔術士オーフェン』シリーズのコミカライズは、「はぐれ旅」「はぐれ旅 プレ編」も並行して行われているので、あわせて読んでもらいたい。アニメ企画の最新情報も待ち遠しい『魔術士オーフェン』シリーズに引き続き注目が集まる。

©秋田禎信/TOブックス イラスト:草河遊也

[関連サイト]

『魔術士オーフェンはぐれ旅』TVアニメ特設サイト

『魔術士オーフェンはぐれ旅』シリーズ特設サイト

TOブックス公式サイト

魔術士オーフェンしゃべる無謀編7

秋田禎信(著), 草河遊也(イラスト)

魔術士オーフェンしゃべる無謀編1

秋田禎信(著), 草河遊也(イラスト)