『VRMMOでサモナー始めました』のコミカライズ連載が本日より開始 ネットゲームの世界を召喚士が駆け抜けるもふもふ冒険譚

現在、第3巻まで発売されているTOブックス刊『VRMMOでサモナー始めました』のコミカライズ連載が、「WEBコミックガンマぷらす」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、大人気ネットゲームで遊ぶことにした少年が、地雷職とも言えるサモナーを選んで始まるもふもふ冒険ファンタジーを描く。コミカライズの作画は藤島真ノ介氏が担当しており、第1話「サモナー始めます!」が32ページで公開された。VRMMOの世界を召喚士として駆け抜けるもふもふ冒険譚がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

友人に誘われて、大人気ネットゲーム「FWO(ファンタジー・ワールド・オンライン)」で遊ぶことにした少年ユウ。彼は職業を決める際にうっかり地雷職と言われるサモナーを選んでしまう。だが、生来かわいいものが大好きな彼はそんなこと気にせず、ウサギやフクロウなどかわいい獣を続々召喚! もふもふ成分を心底堪能したり、かわいい装備を集めたりして、自分なりの楽しみ方を究めていく。かわいいものに目が無い召喚士がおくる、もふもふ冒険ファンタジー開幕!

⇒ コミカライズ版『VRMMOでサモナー始めました』はこちら

次回の更新は2018年10月15日(月)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『VRMMOでサモナー始めました』は、TOブックスより第3巻まで発売中。

©テトメト/TOブックス イラスト:秋咲りお

[関連サイト]

TOブックス公式サイト

VRMMOでサモナー始めました3

テトメト(著), 秋咲りお(イラスト)

VRMMOでサモナー始めました

テトメト(著), 秋咲りお(イラスト)