『天下一蹴 今川氏真無用剣』のコミカライズ連載が本日発売のヤングガンガンNo.19より開始

2019年1月下旬に刊行が予定されているGAノベル刊『天下一蹴 今川氏真無用剣』のコミカライズ連載が、2018年9月21日発売の「ヤングガンガンNo.19」よりスタートした。本作は第7回GA文庫大賞の最終選考作品で、アニメの放送も迫るGA文庫刊『ゴブリンスレイヤー』を手掛ける蝸牛くも氏の幻のデビュー作。桶狭間の戦いで織田信長に討たれた今川義元の息子・今川氏真による剣戟エンタテイメント小説とのこと。コミカライズの作画は湯野由之氏が担当しており、第1話がセンターカラーを飾った。来年の原作小説発売に先駆けてコミックが早くもスタートした。

原作小説の動きとしては2018年9月3日より、限定特典付クラウドファンディング企画もスタートしている。既に目標金額は達成されており、支援者は700人を突破している。現在は試し読みも公開されているので、コミカライズがスタートしたこの機会にぜひ読んでみよう。『天下一蹴 今川氏真無用剣』は、GAノベルより2019年1月下旬発売予定。

©蝸牛くも/SBクリエイティブ イラスト:伊藤悠

[関連サイト]

GAノベル公式サイト