【日刊試読タイム】『ネット彼女だけど本気で好きになっちゃダメですか?』(MF文庫J)

発売前のラノベを試し読みから紹介する日刊試読タイム。今回はMF文庫Jが2018年11月24日に発売する『ネット彼女だけど本気で好きになっちゃダメですか?』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

僕、天野隆盛(あまのりゅうせい)は生徒会の仕事とSNSばっかりする日々を過ごしていた。だけど気づくとクラスの友人がみんなリア充に!……まずい、このままじゃ一人だけ取り残されしまう! 焦った僕は【急募!! 彼女のふりをしてくれる人!】なんて必死過ぎる投稿をしてしまうが、運良く協力してくれる相手を発見! ニセの恋人関係もなんだか楽しい! なんて思っていたら、投稿された画像に何やら見たことのあるものが――。あれ? この子、生徒会メンバーの誰かなんじゃ? ネット彼女の正体を探っていくうちに、美少女たちの現実では見れない素顔が次々と明らかに。女の子の本心はネット上にある? 新感覚ギャップ萌えラブコメ開幕!

著者は烏川さいか先生。イラストはシロガネヒナ先生。烏川さいか先生は第12回MF文庫Jライトノベル新人賞にて「優秀賞」を『くずクマさんとハチミツJK』で受賞し、デビューされた作家です。本作は周囲の友人が彼女を作っていることに焦りを覚え、ついついネット上で偽彼女ができたという「嘘」から始まる物語のようですね。試し読みでは約45ページが公開されています。挿絵も2枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

ネットの偽彼女はすぐ近くにいる!?

主人公は生徒会に所属する高校二年生、天野隆盛。二学年へと進学して約1ヶ月、一年生の頃から付き合いのある友人と共に楽しい学校生活を送っていたのです。部活動や塾など各々が自分たちの青春を謳歌する中、主人公は内申目的で所属した生徒会にちょっとした居心地の悪さを感じる日々。生徒会で青春を謳歌しようにも、周囲には多くの生徒が羨望の眼差しを向け、学校の中心人物ともいえる女の子ばかり。人気や取り柄があるわけではない自分にとって、その場所はあまりにも眩しすぎたのです。

そんな主人公の唯一の癒しが中学時代に作ったSNSの裏アカウント。普段学校では話せないアニメや漫画の話題を共有することができ、楽しくて仕方なかったのです。これも青春のひとつのかたち。そう考えていた主人公でしたが、本名で使用しているリアルアカウントに切り替えた時、衝撃を受けるのです。仲の良かった友人二人が投稿する、彼女の話題。妬ましさもありながら嬉しさもあり、主人公はメッセージで祝福するのですが、ある事実に気付きます。二人に彼女ができたということは、自分だけが取り残されてしまうのではないかと

言い知れない焦燥感に駆られた主人公は、裏アカで彼女のフリをしてくれる人を募集するという禁じ手に打って出ます。冷やかしのメッセージばかりが散見する中、手伝わせてほしいという「アカネ」なるアカウント。イタズラかもしれない、それでも信じてみよう。「アカネ」にリアルアカウントをフォローしてもらい、かくして彼女ができたという報告を投稿するのです。

試し読みでは学校で彼女ができたことに対する反響を肌で感じるところまでが公開されています。周囲の過剰すぎる反応に辟易としつつも、話題は生徒会の中にまで広がりを見せていくのです。偽物のネット彼女から始まるこの物語。あらすじを見る限り、なにやら生徒会のメンバーを巻き込んだ騒動に発展していくことになりそうですね。どんなラブコメが展開されることになるのか注目です。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©烏川さいか/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:シロガネヒナ

[関連サイト]

『ネット彼女だけど本気で好きになっちゃダメですか?』特設サイト

MF文庫J公式サイト