『どうでもいいから帰らせてくれ』のコミカライズが決定 巻き込まれ系伯爵令嬢の痛快ファンタジーラブコメ

HJノベルス刊『どうでもいいから帰らせてくれ』のコミカライズが決定した。本作は第1回HJネット小説大賞受賞作で、魔法の才能に乏しいポンコツ伯爵令嬢が、王太子殿下の婚約破棄騒動を発端に、次々と大物絡みの事件に巻き込まれて家に帰れない痛快ファンタジーラブコメを描く。原作小説は現在、第3巻まで発売されている。コミカライズの作画はひらく椥氏が担当することも決定しており、連載は「FLOS COMIC」にて行われる。

【第1巻あらすじ】

学園の魔術実技のテストで、まさかの【2点】を叩き出した、ポンコツ伯爵令嬢ルルリーア。教師に見捨てられて泣く泣く座学に奔走し、何とかギリギリ卒業出来ることになったのも束の間。今度は学園の卒業パーティーで、王太子殿下の婚約破棄騒動に重要参考人として巻き込まれてしまった! 突然の事態に混乱しつつも、出来るだけ華麗に(?)証言して、問題は無事解決! ……かと思いきや!! この事件をきっかけに、ルルリーアは次々と大物絡みのトラブルに遭遇しては、割と重要なポジションにいて事件解決を余儀なくされてしまい――!?

連載開始時期の詳細については今後の続報を楽しみに待ちたい。コミカライズが決定したこの機会にぜひ原作小説を読んでみよう。小説序盤の内容については日刊試読タイムの記事でも触れているので、あわせてチェックしてもらいたい。『どうでもいいから帰らせてくれ』は、HJノベルスより第3巻まで発売中。

日刊試読タイムの記事で序盤の内容をチェック!

©灰猫陽路/ホビージャパン イラスト:阿倍野ちゃこ

[関連サイト]

『どうでもいいから帰らせてくれ』特設ページ

HJノベルス公式サイト

どうでもいいから帰らせてくれ3

灰猫陽路(著), 阿倍野ちゃこ(イラスト)

どうでもいいから帰らせてくれ

灰猫陽路(著), 阿倍野ちゃこ(イラスト)