HJ文庫刊『精霊幻想記』の完全新作書き下ろしの外伝「セリア先生編」の連載がスタート

6月1日に最新4巻が発売となった北山結莉氏の『精霊幻想記』より、外伝の連載が「読める! HJ文庫」上にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、第1巻発売時には多くの販売店にて品薄状態となった人気シリーズ。新たに紡がれることとなった外伝は完全新作書き下ろしとなっており、本編の第1巻にも登場したセリア先生の視点で描かれる物語となる。本編を読んだ読者もそうでない読者も、この機会にぜひ『精霊幻想記』に触れてみてもらいたい。

精霊幻想記

【外伝あらすじ】

小説家になろう発、大人気異世界転生ファンタジー『精霊幻想記』の完全新作書き下ろし外伝がここに登場! 物語の舞台は、主人公・リオがベルトラム王立学院に通っていた頃のこと。リオの唯一の理解者にして恩師の少女セリアは、とある手紙について頭を悩ませていて――? シリーズ屈指の人気ヒロイン・セリア先生の視点で描かれる、新たな物語をどうぞお楽しみください!!

⇒ 『精霊幻想記』外伝「セリア先生編」はこちらから

連載第1話目の時系列としては、本編第1巻の時間軸での一幕となっており、今秋発売を予定している第5巻へと続く物語を予感させる。今後は本編を読みながら外伝の更新も楽しみにしていきたい。HJ文庫刊『精霊幻想記』は第4巻まで好評発売中だ。

©北山結莉/ホビージャパン イラスト:Riv

kiji_line

[関連サイト]

『精霊幻想記』特設ページ

HJ文庫公式サイト

kiji_line