『我が驍勇にふるえよ天地~アレクシス帝国興隆記~』のコミカライズが決定 武勇と軍略が犇めく一大ファンタジー戦記

現在、第5巻まで発売されているGA文庫刊『我が驍勇にふるえよ天地~アレクシス帝国興隆記~』のコミカライズが決定した。本作は『聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》』を手掛けるあわむら赤光氏の最新シリーズで、後に大陸の統一を果たすレオナートを中心に描かれる、圧倒的武勇と緻密な軍略が犇めく一大ファンタジー戦記を描く。シリーズ発売後も定期的に重版が行われており、ラノベニュースオンラインアワード2016年7月刊でも、第1巻は「熱い部門」と「新作総合部門」で選出され、大きな注目を集めていた。圧倒的なカリスマのもとに集う傑物たち、そしてレオナートの伝説伝承〈フォークロア〉がコミックでも幕を開ける。

【第1巻あらすじ】

天下無双――アレクシス大帝、レオナート一世の驍勇は真実そう評される。しかし、後に大陸統一を果たす彼も、若き日には”吸血皇子”の汚名を着せられ、故郷を奪われた、武骨で不器用な青年でしかなかった。これは、大反撃の物語である。再起を誓ったレオナートはまさに一騎当千!そして一本気な彼に惹かれて集うは、神とも魔物とも例えられる数多の名将、賢者、才媛、奇才。やがて彼らは腐敗した祖国を呑みこむ一大勢力となり、群雄する大国全てと渡り合っていく! 痛快にして本格――多士済々の英雄女傑、武勇と軍略が熱く胸を焦がすファンタジー戦記、堂々開幕!!

コミカライズの連載は「ガンガンGA」にて実施されることが決定しており、その他の作画担当者や連載開始時期の詳細な情報は続報を楽しみにしたい。コミカライズが決定したこの機会に、原作小説を読んでみよう。『我が驍勇にふるえよ天地~アレクシス帝国興隆記~』は、GA文庫より第5巻まで発売中。

©あわむら赤光/SBクリエイティブ イラスト:卵の黄身

[関連サイト]

GA文庫公式サイト