『佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet!』のコミカライズ連載が本日より開始 漫画でも始まる同棲ラブコメ

現在、第2巻まで発売されているファミ通文庫刊『佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet!』のコミカライズ連載が、「コミッククリア」にて開始となった。本作は第1回カクヨムWeb小説大賞の恋愛・ラブコメ部門「特別賞」受賞作で、引っ越した部屋のブッキングをきっかけに、男子高校生と女子高校生のルームシェアから始まる学園ラブコメを描く。ラノベニュースオンラインアワード2017年2月刊アンケートでは、第1巻が「萌えた部門」「新作総合部門」「新作部門」に選出されるなど大きな注目を集めた作品でもある。コミカライズの作画は古川五勢氏が担当しており、「SCENE1」が30ページで公開された。冷静な弓月くんと、可愛すぎる佐伯さんの同棲ラブコメがコミックでも開幕した。

【原作小説第1巻あらすじ】

高校二年生の春、ひとり暮らしを始めるはずだった僕こと弓月恭嗣は、何の冗談か不動産屋の手違いで、ひとつ年下の佐伯貴理華さんなる女の子と同居するはめになってしまった。やたらと距離を縮めてきたがる彼女に、ささやかな抵抗を続ける僕だったが、なんと彼女も同じ高校!学校でも家でも彼女に振り回される日々が始まって――。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、開幕です。

⇒ コミカライズ版『佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet!』はこちら

次回の更新は2017年11月10日が予定されており、コミカライズの連載ペースは月イチとなりそうだ。物語については日刊試読タイムの記事にて序盤の内容に触れてもいる。先の展開が気になる読者は、発売中の原作小説とあわせてチェックしてもらいたい。『佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet!』は、ファミ通文庫より第2巻まで発売中。最新3巻も2017年10月30日発売予定。

©九曜/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:フライ

[関連サイト]

『佐伯さんと、ひとつ屋根の下』特集ページ

ファミ通文庫公式サイト