『シャバの「普通」は難しい』のコミカライズが決定 「普通」じゃない監獄育ちの少女が「普通」を目指すシャバ無双劇

2018年8月4日に第2巻が発売となったエンターブレイン単行本『シャバの「普通」は難しい』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、恩赦によって釈放された監獄育ちの少女が、自身の常識はずれな能力や行動に疑問を待たず、「普通」を目指す物語を描く。コミカライズの作画はばたこ氏が担当することも決定しており、連載は「コンプエース」にて行われる。

【第1巻あらすじ】

このくらいは「普通」ですよね? 監獄育ちのエルマは恩赦によりシャバに「釈放」させられる。王宮付き侍女となったエルマは、母の言いつけ通り「普通」の少女を目指すが、その常識外れな能力や行動は、やがて王宮全体を揺るがしていく。四人が一日かけて完遂する仕事を午前中で終わらせ、紅茶を淹れれば、天から祝福される美味となり、巨大マグロを一太刀で解体し、回復魔法より難解な外科手術もお手の物。――これくらいシャバでも「普通」ですよね?「普通」を目指すわけあり少女の、うっかりシャバ無双物語、開幕!

コミカライズの連載は2018年9月26日発売の「コンプエース11月号」よりスタートが予定されている。7月に第1巻の重版も行われており、まさに注目のシリーズとなっている。コミカライズが決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『シャバの「普通」は難しい』は、エンターブレイン単行本より第2巻まで発売中。

©中村颯希/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:村カルキ

[関連サイト]

エンターブレイン公式サイト

シャバの「普通」は難しい 02

中村颯希(著), 村カルキ(イラスト)

シャバの「普通」は難しい 01

中村颯希(著), 村カルキ(イラスト)