『冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! 辺境開拓? よし、俺に任せとけ!』のコミカライズが決定

Mノベルス刊『冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! 辺境開拓? よし、俺に任せとけ!』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」などで連載されている作品で、冒険者パーティーをクビになり続けていた魔術師が、紋章の書き換えによって伝説の錬金術師となり辺境開拓に臨むスローライフファンタジーを描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は紺野賢護氏、構成を獅子唐氏が担当することも決定しており、連載は「マンガUP!」にて行われる。

【あらすじ】

魔術師としての能力が絶望的に乏しく、またしても冒険者パーティーをクビになったクラフトは、生産ギルドに転属し、辺境開拓に参加することになった。その生産ギルドであいさつをしている時、偶然紋章鑑定士に出会うが、彼からクラフトが持つ魔術師の紋章との相性が破滅的に悪いため、書き換えをするように薦められる。魔術師の代わりに適性があったのは、なんと伝説の錬金術師『黄昏の錬金術師』の紋章であった?? 錬金術があれば、辺境開拓もなんのその! 大人気スローライフファンタジー開幕!

コミカライズの連載は2019年5月29日より開始となる。コミカライズの連載を控えるこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! 辺境開拓? よし、俺に任せとけ!』は、Mノベルスより第1巻が発売中。

©佐々木さざめき/双葉社 イラスト:あれっくす

[関連サイト]

Mノベルス公式サイト