集英社による高校生限定の文学賞「第1回 高校生のための小説甲子園」が開催中 選考委員・湊かなえ氏からのコメントも到着

集英社は高校生限定の文学賞「第1回 高校生のための小説甲子園」の予選作品応募を2020年7月30日(木)まで受け付けている。参加資格は「高校生、高等専修学校、各種学校の生徒である」ことだけ。恋愛・ファンタジー・冒険・ミステリー・時代もの……ジャンルを問わず、自分が思いついたストーリーを400字詰め原稿用紙15~30枚(6,000~12,000字)にまとめて応募してもらいたい。

 

 

第1回 高校生のための小説甲子園

 

 

作品は、応募者が通う学校の所在地によって7つのグループに分けられ、各地区それぞれ1作品が本選へと進出する。選ばれた7名は、2020年10月25日(日)に東京・千代田区の集英社にて、小説をその場で執筆する。選考委員として小説の課題を提示するのは、作家の湊かなえ氏。優勝者1名には賞金10万円を贈呈するほか、作品が集英社のPR誌「青春と読書」に掲載される。また、本選へと参加者した7名は、湊かなえ氏から作品についての講評やアドバイスを受けることができる。

 

 

【応募受付期間】

2020年4月1日(水)~2020年7月30日(木) ※郵送の場合は2020年7月30日(木)当日消印有効

 

【応募資格】

全国の高校生(高等専修学校および各種学校を含む)。予選を通過した場合、2020年10月25日(日)に集英社(東京都千代田区)にて開催予定の本選に参加することができる方。

 

【予選作品応募内容】

短編小説(ジャンルは不問)。オリジナル作品であること

 

【応募原稿枚数】

400字詰め原稿用紙15~30枚 または6,000~1,2000字。縦書き・横書き、また手書き・パソコン(ワードなど)、用紙の大きさは自由

 

⇒ 「第1回 高校生のための小説甲子園」の詳細はこちら

 

 

【選考委員・湊かなえ氏から高校生へのアドバイス】

小説を最後まで書けないという悩みをよく相談されるんですが、今日はここまで書くぞと思ったら、とにかく書き進めてほしい。文法的に正しいかどうかを気にしたり、上手に書こうと思ってしまうと先に進めなくなるので、考えなくていいと思います。書いてる間は、自分が書いてるものが一番面白いんだっていう自己暗示をかけるといいですね。そういう強い気持ちを持って最後まで書ききったものを送ってほしい。上手な作品よりも面白い作品を待ってます。(「青春と読書 5月号」より)

 

 

kiji

[関連サイト]

「第1回 高校生のための小説甲子園」特設サイト

 

カケラ
ユートピア (集英社文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ