『パワー・アントワネット』のコミカライズが決定 SNSで12万人が驚愕した筋肉(フランス)最強王妃の物語

GA文庫刊『パワー・アントワネット』のコミカライズが決定した。本作は第12回GA文庫大賞「銀賞」受賞作家の西山暁之亮氏が、今年6月にSNSで連載をスタートさせた話題作。筋肉と書いてフランスと読むマリー・アントワネットが、処刑台を破壊し奪ったギロチンで革命軍に立ち向かう筋肉革命バトルを描く。原作小説は第1巻が11月15日に発売されたばかりで、コミカライズの連載は「ガンガンGA」にて行われる。SNSで12万人が驚愕した最強王妃の物語が早くも漫画化に向けて動き出している。

 

 

パワー・アントワネット

 

 

【あらすじ】

「言ったでしょう、パンが無いなら己を鍛えなさいと!」 パリの革命広場に王妃の咆哮が響く。宮殿を追われ、処刑台に送られたマリー・アントワネットは革命の陶酔に浸る国民に怒りを爆発させた。自分が愛すべき民はもういない。バキバキのバルクを誇る筋肉(フランス)へと変貌したマリーは、処刑台を破壊し、奪ったギロチンを振るって革命軍に立ち向かう!「私はフランス。たった一人のフランス」 これは再生の物語。筋肉は壊してからこそ作り直すもの。その身一つでフランス革命を逆転させる、最強の王妃の物語がいま始まる――!! 大人気WEB小説が早くも書籍化!

 

 

コミカライズの作画担当者や連載時期については今後の続報を楽しみに待ちたい。発売時には声優の日笠陽子さんがナレーションを務めるPVも公開されている。受賞作よりも一足早く発売され、コミカライズも決定したこの機会に発売されたばかりの本作をぜひ読んでみよう。『パワー・アントワネット』は、GA文庫より第1巻が発売中。第12回GA文庫大賞「銀賞」受賞作『カンスト村のご隠居デーモンさん ~辺境の大鍛冶師~』も2021年1月発売予定。

 

 

 

 

©西山暁之亮/ SB Creative Corp. イラスト:伊藤未生

kiji

[関連サイト]

GA文庫公式サイト

 

パワー・アントワネット (GA文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ