『落ちこぼれ王女と黒の番犬』のコミカライズ連載が開始 気弱な王女と最強軍人の主従ラブストーリー

ビーズログ文庫刊『落ちこぼれ王女と黒の番犬』のコミカライズ連載が、「COMICアーク」にて開始された。本作は側室の娘で気弱な落ちこぼれ王女の主人公が、王位継承の証となる護り犬を手に入れるため儀式に臨み、あろうことか漆黒の狂犬こと最強の軍人と契約してはじまる主従ラブストーリーを描く。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は星森スズ氏が担当しており、第1話から第3話までの単話配信が行われている。気弱王女と最強軍人のラブストーリーがコミックでもスタートした。

 

 

落ちこぼれ王女と黒の番犬

 

 

【原作小説あらすじ】

気弱で側室の娘、その上王位継承順位も第四位の“落ちこぼれ王女”リーザレットが、王位継承の証となる《護り犬(ガーディアン・ドッグ)》を手に入れるため、契約の儀に臨むことに! しかし何を間違ったか“漆黒の狂犬”こと最強軍人オルバと契約してしまい……? 「俺があんたの犬だと?(殺気)」 こ、この契約、破棄にできませんか!? 最弱×最強のワケあり主従ラブ♪

 

 

コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『落ちこぼれ王女と黒の番犬』は、ビーズログ文庫より第2巻まで発売中。

 

 

©結都せと/KADOKAWA ビーズログ文庫刊 イラスト:北沢きょう

kiji

[関連サイト]

『落ちこぼれ王女と黒の番犬』紹介ページ

ビーズログ文庫公式サイト

 

落ちこぼれ王女と黒の番犬 2 (ビーズログ文庫)
落ちこぼれ王女と黒の番犬 (ビーズログ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ