『淡海乃海 水面が揺れる時』がシリーズ累計50万部を突破 ドラマCD第2弾も発売決定

TOブックス刊『淡海乃海 水面が揺れる時』がシリーズ累計50万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、戦国時代へと転生した主人公が近江(滋賀)を舞台に、弱小領主として戦国の世を駆け上がる大河ドラマシリーズ。原作小説は第11巻が8月10日に発売されたばかり。そしてこのたび、本作のドラマCD第2弾の発売も決定した。キャストには基綱役を江口拓也さん、竹若丸/堅綱/小十郎/小兵衛役を永塚拓馬さん、綾/葉月/奈津役を茅野愛衣さんなどが演じており、原作小説第2~3巻の物語が音声化される。ドラマCDは2021年12月20日に原作小説第12巻と同時発売が予定されている。

 

 

淡海乃海 水面が揺れるとき11

 

 

【第11巻あらすじ】

1581年。朽木家の当主・基綱が息子・堅綱に家督を譲った年。基綱は家督のみならず東海道五ヶ国を息子に任せ、後継者教育もいよいよ本格化していく。その一方、基綱は九州平定に向けて将軍・足利義昭の上洛の準備を進めていた。しかし、義昭が突如凶刃に倒れる。背後にいるのは一向宗か、それとも島津か――。九州を巡る情勢が混迷を深めてゆく中、四国でも騒乱の影が……? さらに、関東では怜悧狡猾な徳川の策が堅綱に迫る! 弱肉強食の世を描く戦国サバイバル小説、最新刊!

 

 

【ドラマCDキャスト】

基綱: 江口拓也

竹若丸(2歳)/堅綱/小十郎/小兵衛: 永塚拓馬

綾/葉月/奈津: 茅野愛衣

小夜/キリ: 伊波杏樹

稙綱: 塩屋浩三

又兵衛/ナレーション: 神尾晋一郎

新次郎: 稲田徹

五郎衛門: 髙階俊嗣

雪乃: 古賀葵

宮司/月久: 田丸篤志

黒野重蔵: 田中進太郎

芥: 丸塚香奈

紬: 会沢紗弥 

小夜お付: 碧風羽

 

本作は「comicコロナ」にて本編コミカライズやスピンオフコミカライズの連載も行われているほか、2021年3月には舞台第2弾が上演されるなど、様々な展開が行われている。「このライトノベルがすごい!2021」では単行本・ノベルズ部門にて第8位に輝くなど読者の注目を集め続けている。ドラマCD第2弾の発売が決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『淡海乃海 水面が揺れる時』は、TOブックスより第11巻まで発売中。ドラマCD第2弾も同時発売となる最新12巻も2021年12月20日発売予定。

 

 

©イスラーフィール/TOブックス イラスト:碧風羽

kiji

[関連サイト]

『淡海乃海 水面が揺れる時』特設サイト

「淡海乃海 水面が揺れる時」ドラマCD2特設ページ

TOブックス公式サイト

 

淡海乃海 水面が揺れる時 十一 (11)
淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ