アニメ『処刑少女の生きる道(バージンロード)』は2022年春放送開始 本PVやキービジュアルなども一挙公開

GA文庫発のアニメ『処刑少女の生きる道(バージンロード)』が、2022年春より放送開始となることが明らかとなった。本作は第11回GA文庫大賞「大賞」受賞作で、かつて大災害を引き起こした異世界からやってくる≪迷い人≫を≪処刑人≫として殺す少女と、特別な能力を持つ無垢な≪迷い人≫の少女が出会って始まる、彼女が彼女を殺すためのファンタジー冒険譚。放送時期の発表とあわせて本PVとキービジュアルが解禁されたほか、追加キャストやスタッフ、オープニング&エンディングテーマの楽曲情報なども一挙公開された。新たに公開されたPVやキービジュアルには、追加キャストである金元寿子さんが演じるモモや、M・A・Oさんが演じるアーシュナの姿も描かれており、PVではMiliによるオープニングテーマ「Paper Bouquet」の音源も解禁された。

 

 

処刑少女の生きる道(バージンロード)

 

 

【イントロダクション】

かつて日本から訪れ世界に大災害をもたらした《迷い人》。彼らは過去に世界を滅ぼすほどの厄災をもたらしたことから「禁忌指定」となり、人知れず処刑する必要があった。《迷い人》の処刑を生業とする《処刑人》のメノウは、ある日、日本人の少女・アカリと出会う。いつものように任務を遂行しようとしたメノウだが、アカリの〝とある能力〟により失敗に終わってしまう。アカリを確実に処刑するため、彼女を連れて、いかなる異世界人をも討滅可能な儀式場があるというガルムの大聖堂を目指すメノウ。殺されるために旅をしているとは知らず純粋に楽しむアカリの姿に、メノウのなかで何かが変わり始めていた。―これは、彼女が彼女を殺すための物語。

 

 

アニメ『処刑少女の生きる道(バージンロード)』本PV

 

 

【キャスト】

メノウ: 佐伯伊織

アカリ: 岸本萌佳

モモ: 金元寿子

アーシュナ: M・A・O

 

【スタッフ】

原作:佐藤真登(GA文庫/SBクリエイティブ刊)

キャラクター原案:ニリツ

監督:川崎芳樹

シリーズ構成:ヤスカワショウゴ

アニメーションキャラクターデザイン:玉置敬子

プロップデザイン:ヒラタリョウ

美術監督:丹伊田輝彦

色彩設計:岡田恵沙

3DCGディレクター:柴山一生

撮影監督:福世真吾

編集:坪根健太郎(REAL-T)

音響監督:明田川仁

音楽:未知瑠

オープニングテーマ:Mili「Paper Bouquet」

エンディングテーマ:ChouCho「灯火セレナード」

プロデュース:EGG FIRM/SBクリエイティブ

アニメーション制作:J.C.STAFF

製作:処刑少女製作委員会

 

 

また、ラジオ番組「処刑RADIO ~処刑少女の語る道(ラジオロード)~」の配信も2022年1月28日(金)より開始されることが決定した。ラジオは毎月最終金曜日に配信が行われ、パーソナリティを務めるメノウ役の佐伯伊織さん、アカリ役の岸本萌佳さんが本作の最新情報や魅力をお届けする。アニメ『処刑少女の生きる道(バージンロード)』は2022年春より放送開始。原作小説もGA文庫より第6巻まで発売中。最新7巻は2022年4月14日発売予定。

 

 

©佐藤真登・SBクリエイティブ/処刑少女製作委員会

kiji

[関連サイト]

『処刑少女の生きる道』プロジェクトポータルサイト

TVアニメ『処刑少女の生きる道』公式Twitter

『処刑少女の生きる道』公式Twitter

『処刑少女の生きる道』原作特設サイト

GA文庫公式サイト

 

処刑少女の生きる道(バージンロード)7(仮) (GA文庫)
処刑少女の生きる道(バージンロード) ―そして、彼女は甦る― (GA文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ