『陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです』のコミカライズ連載が開始

HJ文庫刊『陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです』のコミカライズ連載が、「少年エースplus」にて開始された。本作はWEB発の作品で、クラスのトップカーストに身を置くギャルと、そんな彼女に罰ゲームとして告白された陰キャ男子による、罰ゲームには見えない純情甘々青春ラブコメを描く。原作小説は現在第3巻まで発売されている。コミカライズの作画は神奈なごみ氏が担当しており、第1話がカラー含む50ページで公開された。罰ゲームのはずなのにベタ惚れなヒロインとの初々しい青春ラブコメがコミックでもスタートした。

 

 

陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです

 

 

【原作小説あらすじ】

クラス内カーストトップの清楚系ギャル・茨戸七海に告白されて付き合うことになった陰キャ気質な男子・簾舞陽信。実はその告白は罰ゲームによるものだった!? しかも、ギャルだと思っていた七海は実は男性が苦手な見た目だけのギャルだったことが判明! でも、朝待ち合わせしてからの登校デートや、手作りお弁当等、イチャつきぶりはどう見ても罰ゲームではなく、陽信にべた惚れにしか見えなくて――!? 恋愛初心者二人による激甘ピュアカップルラブコメ!

 

 

⇒ コミカライズ版『陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです』はこちら

 

次回の更新は2022年7月15日(金)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです』は、HJ文庫より第3巻まで発売中。

 

 

©結石/ホビージャパン イラスト:かがちさく

kiji

[関連サイト]

『陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです』特設サイト

HJ文庫公式サイト

 

陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです 3 (HJ文庫)
陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです 1 (HJ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ