第14回小学館ライトノベル大賞の最終選考結果が発表 「ガガガ賞」など5作品が受賞

第14回小学館ライトノベル大賞の最終選考結果の発表が行われた。応募総数993作品の中から「ガガガ賞」に1作品、「審査員特別賞」に1作品、「優秀賞」に3作品の計5作品が選出された。ゲスト審査員は若木民喜氏が担当していた。なお、本小説賞で「ガガガ大賞」の受賞はなかった。

 

 


        『クラスメイトが使い魔になりまして』ドラマCDのキャスト発表 芦屋想太役を榊原優希さん、藤原千影役を大久保瑠美さんなど      _0

第13回小学館ライトノベル大賞「ガガガ賞+審査員特別賞」受賞作「クラスメイトが使い魔になりまして」

 

 

<ガガガ賞>

『デッドリーヘブンリーデッド』/著:余命零

 

<審査員特別賞>

『令和生まれの魔導書架~全天時間消失トリック~』/著:小木 真久人

 

<優秀賞>

『サンタクロースを殺した。初恋が終わった。』/著:犬君 雀

『フェイクタウン・ブルース』/著:悠木りん

『ラブコメを絶対させてくれないラブコメ』/著:初鹿野 創

 

⇒ 第14回小学館ライトノベル大賞最終選考結果はこちら

 

最終選考結果の発表ページでは、各受賞作品の簡単なあらすじが公開されている。そして受賞作は2020年6月18日頃に全作品が一挙刊行予定とのことなので、発売を楽しみにしたい。現在は第15回小学館ライトノベル大賞の応募受付が行われているので、我こそはという方はぜひ応募してみよう。

 

 

©鶴城東/小学館 イラスト:なたーしゃ

kiji

[関連サイト]

小学館ライトノベル大賞ページ

ガガガ文庫公式サイト

 

クラスメイトが使い魔になりまして (3) (ガガガ文庫)
夏へのトンネル、さよならの出口 (ガガガ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ